園芸・アネモネ

植物の力

3年前に復活デビューさせた「吹き詰め咲きアネモネ」。

1310055

これは3月の開花状態ですが、
その後夏の暑さの到来と共に

地上部が枯れて休眠に入り
ちょうど今から一か月前、

1310054

こんなへんてこな形の球根を分球して

1310053

この小指の先程の球根を植付けます。

さらに一カ月後の今日の姿

1310051

ニョキニョキと言ったほどたくましい姿ではありませんが
気温の低下と共に芽吹いてきました。

1310052

これからさらに大きな鉢に植え替えて
待つ事、4か月。
来年の2月頃からトップ画像の「これぞ真紅」と言った花色で
数百枚の花弁をたくわえた驚愕の花を3か月にわたって30本以上咲かせます。
感動の「吹き詰め咲きアネモネ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分球

今日も最高気温が33℃と、ここのところ富山は真夏並みの天候が続いています、それでもここ2~3日は最低気温が20℃を切るようになってきたので早朝だけはすがすがしい気分で過ごせます。

最低気温が20℃を下回って秋の気配を感じるようになると園芸作業の始まりです、この春リリースして話題になった希少・真紅のアネモネ「吹き詰め咲きアネモネ」

1103266

の分球、植え付けの始まりです。

残暑が厳しいので去年よりすこし遅れての作業ですが掘り起こしてみると

1209142 中央部分の球状に盛り上がっている三つの部分が今春花が咲いた後、周りの不定形でアッチこっちに伸びている部分が新しい球根です。

1209141 真横から見るとこんな感じです、秋の気配を感じてもう新しい根を伸ばし始めています。

1209144jpg

ヘラ鹿の角のようにアッチこっち伸びているのが新しい球根で

先端部分には白くポツッとした芽が形成されています。

1209143

このヘラっとした部分をポキッと外して新しい土に植えこみます。

こんな小さな球根が

1204203

来春にはこんなに大きくなって、真紅の花を沢山咲かせてくれます。

今春、お買い上げいただいた皆様、
ぼちぼち掘り上げて分球して

新しい用土に植えこんであげて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休眠

1204223

早春より大きな話題になりました、幻のアネモネの復活。
「吹き詰め咲きアネモネ」がここのところの気温の上昇で枯れ始めました。w(゚o゚)w

1205102

お買い求め下さったお客様の中で、育てているうちに葉っぱがみるみる黄色くなっていくのに驚かれた方がいらっしゃるのではないでしょうか?。
以前のブログでもご案内しましたが4月下旬の様子はこちら(下の画像)

1204222

5月に入って最高気温が25℃を超える日が続き、株元の蕾も

全て咲き終わると1週間ぐらいで葉が黄変し上から2枚目の画像のようになります。
ご安心ください
病気に罹ったのでも、管理ミスでもありません

正常な姿です、ご安心下さい。

アネモネは寒さに強い植物ですが夏の暑さを避けるために

休眠に入ります。

1205101_2

上の画像、左から右に向かって休眠に入っていく様子を示しています。
中央の株のように葉が黄変しだしたら水やりを控えて下さい。
右の株のようになったら土を乾かすようにするために水を与えません。

この後、

地上部が完全に枯れたら

雨の当たらない日陰に移動させて秋が来るのを待ちます。

水はけの良い、お庭や花壇に植えこんで頂いた方は
同じように葉が黄変して枯れこんできますので
何か他の花を植えたい場合は球根を掘り上げて日陰で保存します。水はけさえ良ければ植えこんだままでも問題無く、秋になって涼しくなると芽が伸びてきます。
様子は時々こちらのブログでご案内しますので

お暇なときにでも「グリーンフィンガーの園芸奮戦記」をご覧ください。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹き詰め咲きアネモネ

今日は強い風が吹いていて今にも雨が降りそうな空模様、天気予報では今日と明日は雨と言ってます。

1204223

「吹き詰め咲き」と言った咲き方をするアネモネ・コロナリア ダブル

この春から販売を始めましたが、世に広まるにつれいろいろとわかってきました。
こんなに綺麗でまるで人の手で作り出したかのように見えますが

どうも、原種らしいという事、日本には戦後と言っても30年くらい前に輸入された事、

ヨーロッパから輸入されたらしいのだけれど既にヨーロッパには存在していない、等

1204221_2
こちらの画像は花もちテストをするために2月下旬から外に出してある株です。

雪や凍結に耐え、春の爆弾低気圧にも耐えて吸い込まれるような鮮烈な赤い花を次から次へと上げてきます。
何本花を咲かせるか?

のテストも兼ねているため咲き始めから咲き終わった花を処分していないので少し見苦しいですが

現在、咲き終わった花、これから咲く蕾、

全部数えると31本、まだ基部には小さな蕾がありますのでこの後もどんどん咲き続ける事でしょう。
アネモネの力強さに感動の連続です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹き詰め咲きアネモネ

1204202

赤い海。
吹き詰め咲きアネモネ、切り花で出荷しているんですがどんどん咲いてきてとても追いつきません。
アネモネってこんなにすごいもんなん?

1204201

こちらは3日前(17日)の様子、撮った方向が逆でしたが

すごい勢いで開花してきます。

1204203

こちらは5号鉢での出荷スタイル、これでも既に3~5本は花を切っています、いったい何本咲くんやろ~?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

吹き詰め咲きアネモネ

1203231

夕べから降り出した雨が日中も降り続いています、気温も平年より4~5℃低くて9℃までしか上がりません、北寄りの雨風が吹きつける肌寒い一日でした。

こんな中でも元気なのは「吹き詰め咲きアネモネ」
「幻のアネモネ」と言われていたのを復活させました。
戦前にヨーロッパから日本に入ってきたそうで、その後姿を消していましたヨーロッパでも見かけることはないそうです。
どう見ても突然変異でできたとしか思われないのですが

こんな具合に咲いてきます。

1203233

1203232

1203234

1203235jpg

気温の上昇と共に、

む、む、む、む、むっと盛り上がるように咲いてきます。

1203236jpg

雄しべが花弁かして全部が花弁になっています、それにしてもいったい何百枚の花弁があることか・・・・・。

遠くからでも目を引く鮮やかな赤!
数百枚の花弁が盛り上がるように咲く様をお楽しみください。

お求めはお近くの園芸店にお問い合わせください。

私共のネットショップhttp://matsuura-engei.shop-pro.jp/はもう少しお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低温試験

昨日(14日)の話で恐縮ですが、

-4℃で雪が被っています。

1203141

耐寒テストのために、販売株を外に出して様子を見ています。

2週間ほど経ちますが、かなりの低温にも耐えるようで

元気に咲いています。

開花の様子は

1203142

日中、温度が上がりだすと

こうなって(鮮烈な赤っ)

120314jpg

こうなって

1203144

1203145

こういうこういう感じで盛り上がるように咲いてきます。

(これで5分咲きといったところかな~)

夕方になると花を閉じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻の花、復活

今朝は冷え込みました。

雪が降らない分、放射冷却効果で最低気温が-6℃、

日中も晴れてはいるのですが+2℃までしか上がりません。

でも少々冷え込んでも

日中に太陽が出てくれるのは

雪国としては心躍るものがあります。

春の訪れを予感させる、

吹き詰め咲きアネモネの出荷も始まりました。

1202281

幻のアネモネの復活です。

近日中に私共のネットショップhttp://matsuura-engei.shop-pro.jp/で販売いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪警報発令中

今日もまだ暗いうちから除雪作業の始まりです。

1202021

作業中は指先が痛いほど冷たくなり、

鼻で呼吸すると気温が低いために痛くて涙が出ます、

今日の寒さは

半端じゃありません。

なんとか農場内の通路を除雪してから朝ごはんになります、

テレビではJRの運休、

飛行機の欠航、

そして、

ついに大雪警報の発令を伝えています。

この仕事をしていて

一番つらい事は

台風や猛暑、大雨に大雪等の自然災害に遭遇することです。

地方に住んでいると

自然の恩恵も受けられますが、

災害にも同じように出会ってしまします。

自然の恩恵と猛威。

私たちは、

ときには闘い、

ときには往なし、

ときには耐え、

ときには添い、

一筋の光が見えるのを待ちます。

今回の寒波も今日で峠を越えるそうです。

そしたら、

安堵のため息と、次の闘いの準備を。

1202021_2

ハウスの中ではガランサス(スノードロップ)の花が咲き始めました。

この花に春の妖精を魅るのは

雪国生まれの民だけでしょうか。m(_ _)m

本日の

おもてなしに

1202021_3

吹き詰め咲きアネモネを飾りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリマキトカゲ

今朝のテレビによると、東京では雪が降ったとか。

富山は曇り時々晴れで最低気温が3℃、最高気温が5℃で穏やかな1日でした。

ハウスの中ではぼちぼちとクリスマスローズも咲き始めて

ようやくエンジンがかかった感じです。

咲いてほしいのはクリスマスローズ。

未だ咲いてほしくない

1201181

吹き詰め咲きアネモネが蕾を持ち上げてきました。

大きな株から先にポツリ、ポツリと

まるでエリマキトカゲのような格好で蕾を膨らませ始めました。

別にこだわっている訳ではありませんが

どうしてもエリマキトカゲに例えてしまいます。

1201182

こんな姿はどうでしょう。

1201183

チョッとイメージが膨らんできましたか

1201184

こうなるとそっくりですね。

吹き詰め咲きアネモネ、

咲くと

すごいんです。

ちなみに私は

エリマキトカゲを見たことはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧