« 種まき | トップページ | 1年開花 »

斑入り

台風24号の影響もあってか10月にしては記録的な

最高気温30℃越えの毎日が続いていましたが、

ようやく最低気温が13℃、最高気温が23℃快晴の北陸の秋らしい一日でした。
気温が下がってくると調子が良くなってくるのが

クリスマスローズ(ヘレボルス)、新しい葉っぱを展開させ始めています。

最近興味があるのが斑入り葉、

1310121

親が斑入り株からの実生株です。
斑入りになる確率はとても低くて、当然と言えば当然ですが株の個体差があります。

1310122

1310123

1310124

さらにその株の中でも時期によって斑の模様は変化します。

1310125

こちらの株は白斑入り株で緑の部分との対比がとてもきれいです。が、同様に斑の入り方は時期によってかなり変化します。
1310126

この秋に展開した新葉はほとんど真っ白です。

黄斑入り株と違って葉緑素が全く無いので夏の高温期には

1310127

白い部分が枯れ込んでしまいます。
当然成長にも影響してくるのでこちらの株は3年生ながら未だ花を見ていません。
ちなみに、先述の黄斑入り株は白色のセミダブル花です。
後述の白斑入り株にはどんな花が咲くのか楽しみです、
赤い花だとお目立た過ぎますかね(o^-^o)

|

« 種まき | トップページ | 1年開花 »

園芸・クリスマスローズ(ヘレボルス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斑入り:

« 種まき | トップページ | 1年開花 »