« 雪 | トップページ | 原種 ヘレボルス・リグリクスのいろいろ »

原種の個体差

1112191

上の画像はクロアチアの

トルカータスとムルチフィダスの自然交雑種と考えられるサイトの株で

同一株を去年株分けしたものです。

画像、右上の株は花芽がついていなくて今年(来年)の

1112192

新葉を展開させているものです。

左上の株は

1112193

今年の春から展開していた葉で株元には

大きな花芽を抱えています。

同じ親から株分けしたこの4株でもわかる通り、

生育ステージによって葉のかたちは

微妙に違ってきます。

つまり、

本来の品種の特徴を表した葉はある程度(2~3年)年数を経て、さらに同一生育ステージでないと同じにはならないということです。

原種は同じサイトでもかなり個体差があって花色、花形が変化に富んでいます(もちろん、サイト全体的に葉や花形、株姿などは品種としての統一感はあります)

以下は

トルカータスとムルチフィダスの

自然交雑種の同一サイトの株です。

1112195

1112196

1112197

1112198

1112199

11121910

それぞれの芽の色にご注目ください。

開花は一月下旬ごろから、

咲いたらご報告いたします。

|

« 雪 | トップページ | 原種 ヘレボルス・リグリクスのいろいろ »

園芸・クリスマスローズ(ヘレボルス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原種の個体差:

« 雪 | トップページ | 原種 ヘレボルス・リグリクスのいろいろ »