« 葉切り | トップページ | NHK趣味の園芸 »

冬の室内を彩る

1112062

あまりこちらのブログでは取り上げない話題ですが

実は私、シクラメンの栽培を40年以上もしていまして・・・・モジモジ(。_。*)))、

一時期よりは生産量が減ったとはいえ、それなりの数を生産しています。

111206_2

あまりやらないのですが、知人にギフトを頼まれてしまい

妻の手を煩わせながら

こんな風にして送らせていただきました。

1112063

“馬子にも衣装”でもありませんが、

やっぱりきれいなものは綺麗です。(* ̄ー ̄*)

原種シクラメンと違って戸外で越冬はできませんが

室内の明るい窓際等であまり温度をかけずに管理していただきますと5月の連休ごろまでは花が咲き続けます。

1112061

こちらは以前私が育種していた、セミミニタイプの

フリンジシクラメン「チアガール」です。

1112073

こちらは今年ガーデンで冬越しした原種シクラメン・コウムのピコティタイプの3月の様子です。

やっぱり私が心を奪われるのは、

こちらかな。(* ̄ー ̄*)

ちなみに、今日から私のネットショップhttp://matsuura-engei.shop-pro.jp/で原種シクラメン・コウムの販売を始めました。

どうぞ、よろしく。m(_ _)m

|

« 葉切り | トップページ | NHK趣味の園芸 »

園芸・シクラメン」カテゴリの記事

コメント


今夏我が家で4年過ごした
ヘデリ君とコウム君が他界しました。
そこそこ大きくなってたのに…。
何がいけなかったのか…。

…また松浦様にお世話になります。

園芸種も夏に強くなりましたね~
夏に強健なTローザヘミングゴールドとか
出ないかな~…

投稿: きょろめ | 2011年12月12日 (月) 22時52分

ぎょろめ さん

おはようございます。
「ローザへミングゴールド」 知りませんでした。
ネットで調べてみて
あれっ 
どこかで見たような覚えが・・・・・
以前(20年ほど前から7年程前まで)手がけていたロココタイプにそっくり、
クリスマスローズに関心が移って中断したものですが、一部は「チアガール」として最近まで世に出していました。
一部は松浦園芸のホームページhttp://www1.tst.ne.jp/matsu-en/cyclamen.html
に出ています。(準備中の画像の中に)
葉に細かい切れ込みやロココ咲き、開発初期のころは
花弁が展開せずに提灯のようになる、
白からピンク、ローズ、オレンジやグリーンから黄色みをおびる物まで遺伝資源としてはかなり魅力のあるものでしたがかなりワイルドでもありました。
2~3年前から、同種と思われる物を使っていると思われるシクラメン関東方面で出ていましたので、日本は広いなーと思ったり、
中途で断念はしましたが園芸後進県の富山でも出来ることはたくさんあるなー・・。
等と
チョッと残念だったり嬉しかったり。

かなり発芽率は落ちていると思いますが
開発途中の種子は長期保存しています。

チョッと未練がましいですね。

最近は、クリスマスローズに夢中です、
あっ、
その他にもいろいろと

投稿: グリーンフィンガー | 2011年12月13日 (火) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の室内を彩る:

« 葉切り | トップページ | NHK趣味の園芸 »