« ついに来た! | トップページ | 冬将軍到来 »

早咲き

昨日(9日)は横殴りの雨に加えて、雷、アラレに加えて、時おり日も射す 

と、何でもありの一日でしたが。

今日は朝から快晴、最高気温が13℃と快適なハウスの中では

クリスマスローズの葉切り作業をしています。

先日株分けをしたH.リグリスクの蕾が上がってきました。

1012104

イタリア産のリグリスクはもともと早咲きで知られていますが、この個体はその中でも早く咲きしかも開花すると、メロンの様な香りがあります。

1012103

もうクローズしてしまいましたが、イギリスのヘレボルス(クリスマスローズ)研究家 

ティム・マーフィさんが別れ際にプレゼントしてくれた思い出の株です。

ハウスの中では

1012101

この様に開花しているもの、

1012102_2

これから咲こうとしているもの等が見受けられます、特にこの株はピンクの桜色で早咲きの個体です。

巷では、夏に高冷地等の山上げをした株の開花情報も耳にしますが

私は、平地の管理で自然に早く咲く、そして発色の良いクリスマスローズを育種のコンセプトに加えています。

この株はその鍵のひとつです。

|

« ついに来た! | トップページ | 冬将軍到来 »

園芸・クリスマスローズ(ヘレボルス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早咲き:

« ついに来た! | トップページ | 冬将軍到来 »