« 季節はずれ | トップページ | うどん粉病 »

斑入り葉・原種クリスマスローズ

いかにも梅雨らしい天気で今日も朝から雨が降っています。

100626 クリスマスローズの葉っぱに乗る「カエル」君です。カメラを向けるとプイと横を向いてしますので、なかなか正面から撮れません。

1006261

こちらは黄色い斑入りのクリスマスローズです。

2

同じく白い斑入りのクリスマスローズです。どちらも数千鉢栽培している中で1鉢ずつしか出現しません。毎年数鉢出てきますが、花はきちんと咲きます。

1006262

一方、こちらは原種クリスマスローズのオドルスです。左が正常葉、右が黄金葉。

去年播いた種子の中からいくつかこういった斑入り葉が発生しています。ほかの原種(アトロルーベンスとかトルカータス、クロアチカス、リグリクス等々)には全く発生していません。

イギリスのクリスマスローズ研究家、ウィル・マックルーウィンさんから譲って頂いた原生地株からの採種ですが、オドルスに限ってこの様な株が出現しています。開花まではあと数年かかりそうですが、注目していきたいと思います。

|

« 季節はずれ | トップページ | うどん粉病 »

園芸・クリスマスローズ(ヘレボルス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斑入り葉・原種クリスマスローズ:

« 季節はずれ | トップページ | うどん粉病 »