« 世界で一番小さい | トップページ | チョット気になる »

バラ咲きアッツザクラ

今日の富山地方は最高気温が14℃、4月下旬並みの気候です、一日中細かい雨が降っていて肌寒い一日でした。

露地にあるアッツザクラが花盛りで、

ひときわ目を引くのが

1005271

イギリスの友人でロードヒポキシスのナーセリー (ボーダー・アルピネス)のカール氏から譲り受けてかれこれ10年。

白花の八重咲種ですが、球根の肥大がよくないとなかなかこの様には咲きません、かといって何か特別な事をしたわけでもなく年数を経て球根の力が付いてくるとこの様に立派なバラ咲きになります。

1005273

左側が上の画像のポット、右側がポットに球根が多すぎて、肥大が今一つのため花が小さくなっている株です。

少し大きめの鉢にゆったりと植えてやると良いようです。

1005272

ロックガーデン等に露地植えもできます。

|

« 世界で一番小さい | トップページ | チョット気になる »

園芸・ロードヒポキシス(アッツザクラ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラ咲きアッツザクラ:

« 世界で一番小さい | トップページ | チョット気になる »