« 宿根草 | トップページ | 開花 »

種取り

090607

原種シクラメン・コウム(冬咲き)の種を採取しました。

かなり前から莢がはじけてポロポロと種がこぼれ落ちていましたがようやく種取りに取り掛かることが出来ました。

090607_2 アップにするとこんな感じで

人差し指の頭ほどの莢の頂部がはじけると採種適期です、一つの莢に3~40粒の種がついています。

親のほうはボチボチ夏季の休眠期に入るので葉っぱが枯れ初めています。

種は莢ごと採取してその後、莢から種を取り外し、水洗いした後、乾燥して秋の播種時期まで保存します。

ちなみに、この株はおおよそ6~7年生、球根の直径が12~13cm以上あります。原種シクラメン・コウムはかなり丈夫で長生きします、露地植えも出来て植えっぱなしでもよく、こぼれダネで増えていきます。

|

« 宿根草 | トップページ | 開花 »

園芸・原種シクラメン」カテゴリの記事

コメント

今日の雨は一休みになりますか?

くるくる巻いてるシクラメンのタネが可愛いですね。

投稿: あんみつ | 2009年6月11日 (木) 07時59分

あんみつ さん

こんばんわ。
雨の日は、朝ご飯をゆっくり食べる事が出来て幸せです。
cyclamen(シクラメン)の語源サイクルは種房を取り巻くクルクルと種房を取り巻く姿からきたと言われています。
種を暑さ寒さや外敵から守っているんでしょうね。

投稿: グリーンフィンガー | 2009年6月12日 (金) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種取り:

« 宿根草 | トップページ | 開花 »