« セミダブル・ゴールド | トップページ | 原生地調査 その2 »

原生地調査(原種)その1

遅れに遅れて、ちょうど一ヶ月前のことになりますが、スロベニアとクロアチアにヘレボルス(クリスマスローズ)の原生地調査(原種)に行ってきました。

初日のサイト、1

Photo

道路わきの山際に、ムルチフィダス・イストリアカスです。このサイトはそんなに広くなく150㎡くらいで群生していると言う感じではなく、あちこちに生えていると言った感じで、他にはプリムラ・ブルガリス、コリダリス、プルモナリア、ヘパチカなど、花色は概ねグリーンであまり変異はありませんが、花形は剣弁から丸弁まで色々。

サイト2

Photo_2

こちらはニゲルです、斜面に群生しています。花の盛りをやや過ぎた感じですが広範囲に咲き誇っているので、その中に自分が立っている事が、まさに夢のようです。

サイト3

ニゲルのサンライズ、サンセットと呼ばれる種類があるサイトで、ナショナルパークの中にあります。あちこちに未だ雪が残っている中で、ニゲルもようやく開花が始まったところでサンライズと呼ばれるような赤い色着きは未だこれからと言った様子です。

Photo_3

ニゲルと、右下手前はヘパチカ。

Photo_4

ニゲルと奥に見えるのはエリカ・ダーレンシスでしょうか。

Photo_5

上の白いのは、雪です。雪解け水につかりながらニゲルが咲いています。

Photo_6

苔むした石灰岩に張り付いて、下には雪解け水が流れています。

Photo_8

雨の中、トレッキングしながら調査しています、こちらのサイトのニゲルは標高の違いもあってようやく開花が始まろうとしている所です、全体的にやや小ぶりで、私はこちらのニゲルの方が好みです。

|

« セミダブル・ゴールド | トップページ | 原生地調査 その2 »

園芸・クリスマスローズ(ヘレボルス)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、原生地いいですね~
私も一度は行ってみたいです。

質問なのですが、群生している株は
写真を見る限り、花の高さがほぼ同じに、
見えるのですが、実際どうなのでしょうか?

投稿: sa | 2009年5月 1日 (金) 01時06分

sa さん

私はカメラの構え方が下手で、中腰のやや高い位置から撮っているので同じに見えますが、生育している場所によって微妙に違います。
ニゲルのサイトでは個体差と言うより養分等の環境の違いが大きさに現れると考えています。
トルカータスのサイトではかなり変異がありました、いずれブログでご報告します。

投稿: グリーンフィンガー | 2009年5月 1日 (金) 16時00分

何気無く群生が群生している風景って
素晴らしいですね…。

投稿: ぎょろめ | 2009年5月 4日 (月) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原生地調査(原種)その1:

« セミダブル・ゴールド | トップページ | 原生地調査 その2 »